非正規雇用フォーラム・福岡オフィシャルサイト

「高プロ」ミニ学習会を開催

 

昨日、高度プロフェッショナル制度の問題に関するミニ学習会を役員会の中で開催いたしました。
学習会では、2018年5月30日に放送されたNHKクローズアップ現代「議論白熱! 働き方改革法案~最大の焦点“高プロ制度”の行方~」とYoutubeチャンネルのデモクラシータイムス「高度プロフェッショナル制度 – 荻原博子の危ないお金の話」を見たのち、フリーディスカッション形式で「高プロ」の問題点や今度の対策について議論しました。

「高プロ」は労働基準法の破壊であること、年収要件や対象業務など制度設計が曖昧かつ不完全な欠陥法であること、経団連など使用者側のニーズだけを反映した偏った法律であること、例えば24時間休憩なしの48日間連続勤務が合法となる「高プロ」が導入されればほぼ確実に過労死が助長されること、「高プロ」では労働者に仕事の裁量権が一切ないことなどなど、問題点をあげればキリがありません。

今後の対策としては、佐々木亮弁護士が提案されている「高プロ3ない運動」(導入しない、させない、同意しない)を参考に、具体的な運動に展開すべきではないかという結論に至りました。
引き続きNEFFでは「高プロ」廃止に向けた具体的な運動や提案などに取り組みます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top